【裏】YouTubeチャンネル、始動 
コラム

【質問回答】事業がうまくいかなくなった。やっぱりイチからテコ入れしないとダメなの?

赤原です。

今回は、僕の運営してるメルマガ読者さんからいただいた質問にお答えしていきます。

3分で見れる音声動画なのでよかったらどうぞ。
テキスト派の方のために、補足しつつ記事にしていきますね。

今回の質問内容

この質問者さんは、ずっと動画の広告で稼いでいたんですけど、アルゴリズムの変化で収益が一気に下がったとのことです。

(余談ですが、ネットの世界ではこれはよくあるので皆さん気をつけてね!)

で、ある意味いい機会だし、今後はゼロからあたらしいことを初めてお客さんとしっかり関われる事業を作っていきたくなったんだそうな。

今までは稼げればなんでもよかったけど、今後はそれだけをモチベにするのも嫌だ、と。

このご相談に回答していきます。

【回答】今までのものを壊してゼロからっていうのはおすすめできない

ダメってわけではないですが、おすすめはできないです。

というのも、この相談者さんに家族がいることもあるわけですけど。なぜおすすめできないのか、掘り下げていきます。

理由① 家族を守ることを優先せずにビジネスができるか?

まったく新しい事業をつくり、収益化する場合、当たり前ですがそれなりの時間も労力もかかります。

絶対に儲かるわけでもないし、いつまでにいくら収益が出るかっていうのも確約されないのが事業です。事業計画を作ってても、その通りに行くかもわからない。

現状売り上げが落ちている中で、家族を経済的に支えられるかの不安を自分だけでなく家族にも与えつつ、果たして平常心で冷静に事業に打ち込めるでしょうか?

独身だったり、子供がいない状態ならともかくですが、子供がいる状態ではなかなか平静でいられないのではないと思います。

不安でおびえてる状態で、冷静に平静に未来のことを考えるのって難しいし、それで最高のものって作れますか?と。

それなら、短期的でもお金がしっかり入ってくるようなものをまずやったほうがいいです。

理由② 今までの経験を再編集するほうがいい

まったく新しいことをこれから経験し、積み上げていくことはいいことだし、それが必要なフェーズだったり、やるべきフェーズは実際にあります。

ただし、過去の経験値や積み上げたものを活用しない手はないです。

というのも、この相談者さんは、今は収益が下がったにしろ、YouTubeのチャンネル運営で家族を養うほどの収益を得てきた実績もあれば、

  • そこに至るまでの過程の経験値
  • 狙って動画をバズらせる技術
  • 編集技術や企画の目線

などの武器をすでに持っているわけで。

じゃあ、これらを【再編集】してまったく新しい事業を始めるほうがよくないですか?という話です。

例えば、元10万人登録のチャンネルを運営していた動画編集者と、動画編集しかできない動画編集者だったら、どっちのほうが優位性あるか?って話です。

僕だったら、前者のほうが圧倒的に魅力的です。

相談者さんの経験値があれば、自分でチャンネル運営することをやめても、

  • チャンネルを育てることができる編集者
  • コンサルティング
  • 教材販売
  • 企画提案

など、別ベクトルですぐに収益化できるわけです。

じゃあ、これやりながら別軸での事業を組み立てたほうがよくないですか?という。

【余談】赤原も全く同じ道を歩んできました

僕も六本木で会社を経営していた時期は、とにかく稼ぐに全振りしていました。

それがモチベの最大理由であり、それ以上も以下でもなく、他のことは割とどうでもよかったと記憶しています。

でも、そこから強いコレジャナイ感にさいなまれて、逃げるようにその環境から脱しました。その際に当時の会長にすべてのデータなどを消去されて身一つで。

そのときにやったことは、過去の経験値の再編集。これでした。
ただし、今度は自分が最高だと思える形にして、望む未来へアプローチするべく。

結果として、文字通りすぐに収益化にも成功し、人生の再構築ができ、今に至ります。今現在は、時間をかけて収益度外視で生きてる感じです。

過去の自分の積み上げてきたものは、やはり武器なんですよ。
間違ったり、納得いかないことがあったのなら、それを理想の形に再編集してしまえばいいんです。

ちなみに、別記事にもしますが、どんな高尚な理想や未来を描いていても、やはり稼ぐという行為はなんだかんだ大事なので、相談者さんにも意識はしてほしいですね。

というのも、言うまでもなく生活するのにはお金が必要だし、家族がいるならなおのことだからです。

社会的生活を営み、責任を果たすための稼ぐことと、理想を追うことの両取りをしていく未来を考えていきましょう。