生き方

シンクロニシティとは?スピ系ではない『現実的な』起こし方を徹底解説

シンクロニシティと聞くと、どういうイメージが湧きますか?

たぶん、多くの人が、

  • 引き寄せの法則
  • スピ系
  • 胡散臭い

って印象を受けるんじゃないかと思います。
まあ実際、この言葉は安っぽい宗教や、宗教に近いインフルエンサーのコミュニティ、MLMなどで定番の言葉なのでそれもそうなんですけど。

まあ、でも実際のところ、このシンクロニシティという現象は実在します。

それは僕自身が経験してるし、なにより意図して起こしてるので。

この記事では、『現実的な』シンクロニシティについて、定義から起こし方までシェアしますね。

シンクロニシティとは?定義を現実的に解説

ググってみると、こうでます。

ユングが提唱した概念で「意味のある偶然の一致」を指し、日本語では「共時性」「同時性」「同時発生」と訳される。例えば、虫の知らせのようなもので因果関係がない2つの事象が、類似性と近接性を持つこと。ユングはこれを「非因果的連関の原理」と呼んだ

引用:Wiki

まあかんたんに言えば「偶然のような必然」「必然のような偶然」って感じです。

たとえば、昔付き合ってた彼女との思い出を思い出して、たまたま縁ある場所に向かったら、同じタイミングで同じ動機で元カノもそこにいたとか。

漫画で昔描かれてたことが、同じようなシチュエーションで実現したりとか。

たとえば、AKIRAって昔の漫画では、東京オリンピックのことが現在の状況とほぼ一致する形で書かれています。

こういうのを、シンクロニシティと言います。

関連記事:シャーマンキングなど、漫画から学ぶ視野拡張論

なぜシンクロニシティが起こるのか?

願えば叶うとかそういうのではないけれど、この世の中は多くの人が観測したものが反映されているからだと僕は思います。

実際のメカニズムは、わかりません。量子論とかそういうのが絡むわけですし、事実だれもそのメカニズムを『正確には』解明できてないです。

ただ、言えることは、この地球が今の地球になっているのは、多くの人間の共通認識=集合知が、ほぼ同じだからです。

でも実際には人によっては大陸の形は違って見えてるかもしれないし、太陽の色は赤かもしれないし、オレンジかもだし、黄色かもしれません。

スマホやPCは、過去に人間が妄想した結果、時が遅れて存在が生まれました。なので、今僕たちが妄想してるものは、数十年後には繁栄されているはず。

このように、世界は我々観測者が認識しているとおりに動いてます。

つまり、一定数同じようなことを考え、意識下で認識した人がいるから、シンクロニシティのような偶然のような必然のような偶然が起こるわけです。

僕のシンクロニシティ体験談

人生の節目、僕で言えば貧乏な時代から東京で会社の社長をやったときと、そこから追い出されてホームレスになったときですね。

その始まりと終わりの場所が、たまたま同じだったんですよ。しかも、その会社の会長と同じ地名だったという。

これは「おお」と当時思ったくらいのシンクロニシティです。笑

まあ、こんな軽いものだけでなく、僕は、

  • 社会的な活動をしようと思ってたときに、イタリアの王族騎士のオファーがきた
  • 映画を撮りたいときに、オファーが来た

など、シンクロニシティを多く経験してきました。

ただし、このシンクロニシティは、実は『起こるべくして起こした』とも言えます。

そう、コツを掴むとシンクロニシティは起こせるんです。
それも、願えば叶うとかそういうのではなく、現実的な方法で。

それをこれから解説しますね。

意図的に現実的にシンクロニシティを起こす方法

これは誰でもできる方法で、僕は今、この方法をつかって「ほぼ意図的に」自分が起こしたいシンクロニシティを、ある意味で引き寄せてます。笑

その方法とは?

六次の隔たりを利用する

これは「すべての物事や人とは、6ステップで繋がる」って原理です。聞いたことあるんじゃないでしょうか?

こまかーい原理原則は、書くと長いし難しくなるので、そういう法則があると天才が解明したんだってことにしといてください。

実際、僕はこの法則をうまく活用しています。
だから、一般人がイタリアの王族と出会えたし、超有名アーティストと会えるし、映画だって取れるわけです。

自分と直接繋がってる人の質をあげる

六次の隔たりのはじめは、自分と直接繋がってる人です。

出典:Wiki

だからまずはこの質を底上げする必要があります。なぜなら、類は友を呼ぶからです。基本的に、質の良い人の周りには同じように質が良い人があつまりやすいわけです。

(絶対にそうと言いたいわけではないですが、そうなりやすいのは事実)

ということは、質の良い人のつながりもまた質がいいわけで、そうすると同じ六次の隔たりでも、入り口が違えば全然結果は変わるわけです。

極端な例を出せば、孫正義さんと一次で繋がってたら、その先って明らかにそういうレベルの人しかいないですよね。または潜在的にそのレベルにある人。

まあこんな感じでまずは一次のレベルを上げる必要があるわけです

一次のつながりのレベルをあげる方法

それが、発信です

もちろん、これはそこらへんのインフルエンサーがしているような情弱を釣るようなものではないです。(僕が彼らから距離を置いてるのは、そういう事情です)

まずは自分の質をあげて、同時に質の良い発信をする。それに響いた質の良い人たちと、出会い、縁つなぎをしていくわけです。

僕はそれをメルマガで行っているわけです。(やり方はメルマガに登録するとわかります。無料です)

出会う人を制限してるので、必然的に一次のつながりは質がよくなるわけですね。

僕は現在、人育てに注力してるわけですが、これも自分の周りや周りにこれからきてくれる人の質を上げ、共に人生の幸福度を最大化しようと思ってるからです。

関連記事:【人育て】ができる人が、最終的にお金も稼げる説

ぜひ、実践してみてください。